ВL

2009.05.24

人生における大きなお買い物。家。
家族が永く安心してすめる住まいを考えるあたり、
みなさんいろんなことを勉強して、研究しますよね。

 

立地条件とか、広さとか間取りとか・・・
もちろん価格も。
そして、今まではあまり気に留めなかったであろう
家の構造とか、材料とかにも関心が行くようになり、
自分が建てようとする、購入しようとする家がどんなものなのか、
一生懸命に勉強されています。
そして、その先にもあるこれからの支払いのこと、税金のこと、光熱費のこと・・・

 

考えようと思えばいくらでも考えることはあります。

 

そんな中で、購入した家が『ガス設備のある家』だったために、
それを『オール電化住宅』に変更される方が結構いらっしゃいます。

 

標準が『ガス設備付き』であるために、
それを撤去するためには、
『これからガス設備を継続して使う』という条件から外れるので、
相当分の支払いを求めらることもあるようですが、
それでも『オール電化』にしたくて、
使用開始前からガス設備を撤去して住まわれるのです。

 

それがどうなのかということでなく、
その工事例のご紹介です。
完成物件の購入のために、すでにガスボンベを置くための設備が左奥の方に工事され、
手前にはガス給湯器も付いています。電気のメーターもあります。
コンクリートの基礎工事を行い、ガス給湯器のあったところにエコキュートを置きます。
電気設備は屋外のメーター二次側から電源を分岐します。
屋内分電盤まで行く手前で分岐する工事は、家全体の電気契約を小さく抑えることができて、
月々の基本料金を抑えることに貢献します。
分電盤の中から電源を取った場合の電源工事に比べて、どう有利なのか、
工事はどちらが施工しやすいのか、工事金額はどう違うのか、
東京電力との契約が小さくなることで基本料金がいくら違うのか、
そのへんもよく勉強されたほうがいいと思います。
僕らはそのことを良く知っていますので、工事にあたり
お客様に説明の上で一緒に判断していただいています。


2009.05.01

石油給湯器をお使いのお客様からよく耳にする言葉。

『タンクに油を入れるのがたいへん』

確かに・・・


ご年配の方、女性の方、に限らず
油の管理をするのは大変だと思う。

『油があるかな?なくなってきたかな?』っていう気苦労もあるけど、

『よっこらしょ』っと重いポリタンクの油を移すのもしんどい。

冬場は北側の寒いところ・・・
ビールの箱を台にしての給油作業はちょっと危険もある。
今回の施工先は、お一人暮らしのお母さん。

石油給湯器が調子悪くなってきて、

さて、どうしたものかとご相談を頂いた。
結局のところ、フルオートタイプの電気温水器で悩み解決となりましたが・・・

感想をお聞きしますと、

『世話がなくていい!』とのこと

導入に当たっては、石油給湯器の交換よりも
電気温水器を新たに導入するほうが機器代、工事費ともに若干高くつきますが、

それでも、『手がかからない、火のない安心感』をお選びいただき、
ご満足いただけているようでホッとしています。