ВL

2010.09.18

水栓の交換、
コンロの交換、
洗面台でも、便器でも何でもそうだけど、
器具を外した時にしかできないようなお掃除がある。
普段、やりたくてもできない、
手の届かないお掃除とでもいうのか、
そんな場面に出くわすと、
何となくお掃除したくなるのが職業病。
家では掃除なんてしないのに・・・
というか、しなくてもやってくれる人が居るので意識しないけど、
仕事場では自分しかいないから自分でやるしかない。
イメージ 1
お客様が見ていれば、
きっと何もなくなった状態を見たときに、
「あ、そこ、掃除したいな。」って思うに違いない。
いつもそう思っている。
言えるお客様は掃除したいって言ってくれる。
言えないお客様には、こちらから進んで掃除する。
台所の水栓の交換の時なんか特にそうだ。
水栓の回りだけ、さりげなくきれいにする。
ちょっとしたことなんだけど、
このちょっとしたことが自己満足。
やりすぎると、きりがない。
嫌味にもなりかねない。
何気なく、さりげなくが心配り。
イメージ 2
水栓を外したついでにクリーナーで掃除して
イメージ 3
ちょっと磨いてみるだけでこんなにきれい。
イメージ 4
水栓の付け根がさりげなくきれいになりました。
他の部分もやりたいところですが、それを我慢するのも僕の仕事です。