ВL

2011.07.06

太陽光パネルの取り付けというと、
圧倒的に屋根の上の作業が多いです。
当然のことながら、
高所作業なので、
雨天でないことが施工条件となります。
梅雨のこんな時期でも、
晴れ間を狙って、
屋根の上でこつことと作業します。
今日も暑くて熱中症の心配もありましたが、
夢中になってパネルの取り付け作業を行いました。
お客様も発電所を楽しみにしているから・・・
今回のお客様は4.5KW設計ですが、
今日は1階部分の1.5KW分の施工を行いました。
屋根は金属瓦棒。
いわゆるトタン屋根。
勾配も緩やかで足場もよく、1階平屋で部材搬入条件も良く、
半日で作業を終えました。
まずは、パネルを取り付ける金具をつけます。
防水処理と強固な取り付けが絶対条件ですが、
今回も問題なく、確実な施工ができました。
芯木とたる木を貫通させて長いネジで金具を取り付けます。
防水のためのゴムアス系のコーキング剤もしっかり施します。
これで架台は完璧です。
今日は1階部分の1.5KW分の工事を行います。
200Wパネル6枚。
100Wパネル3枚の施工です。
こんな感じですが、どうでしょう。
次回はいよいよ大屋根。
2階建ての瓦屋根に3KWを取り付けます。