創エネって? 太陽光発電とは?

太陽光発電とは、文字通り太陽の光を太陽電池というパネルを使って電気に変換するシステムです。
この発電方法は、二酸化炭素をほとんど排出しないことや原料となる太陽の光が半永久的に確保できることから、日本のみならず、世界中が注目しています。さらに、自宅で発電した電気を自ら消費するだけでなく、余った電気を電力会社に買い取ってもらうこともできます。
太陽から地球へ降り注ぐエネルギーは膨大な量で、たった一時間の日射量をエネルギーに変えることができれば、地球全体で人類が消費するエネルギーの1年分をまかなうことができます。

太陽光発電システムは作った電気をご家庭で使って、余った電気を買い取ってもらえる経済的なシステムです。メリットがいっぱいの太陽光発電を是非知ってください。

メリット1 新売電制度」が節約に効果大

太陽が昇っている時間帯に発電した電気は、まず家庭内の電気として利用します。そして、たくさん発電し、余った電気は電力会社に売ることができます。2011年4月から新たに太陽光システムを導入し、新たな売電制度に申込みをした場合の売電価格は、42円/kWh(※1)。2年前と比べ、2倍以上の価格でとてもお得です。
また、発電ができない夜の時間帯は電力会社から約1/3の料金で電力を購入します。電気を高く売り、安く買うことができるため、太陽光発電システムを利用することにより、光熱費は大きく節約できます。

※1:平成24年3月31日までに電力会社に買取申込が必要です。

メリット2 オール電化と組み合わせてさらに節約大

IHクッキングヒーターやエコキュートを導入して、ガスを使用しないオール電化住宅にすると、さらに割引になる料金制制度(※2)もあります。特に太陽の光を利用する太陽光発電システムと、太陽に暖められた大気の熱を利用してお湯を沸かすエコキュートを併用する「ツインソーラー」は、省エネという点で注目を集めています。
また、オール電化住宅の場合、「時間帯別電灯」という電力契約を電力会社と結ぶ事で、より節約をすることが可能です。「時間帯別電灯」とは、季節や電気を使用する時間帯で料金が変わる料金メニューのことを言います。例えば、夜間には、割引により電気代が安くなり、オール電化住宅の場合、さらにお得になります。
※2:電力会社でオール電化専用の電気料金プランを紹介しています。詳しくはお問い合わせください。

オール電化について詳しく見る メリット3  災害時でも使用できる自然エネルギー

地震や台風などの災害により、停電になった場合でも、太陽光電池パネル(モジュール)からの直流電力を家庭で使える交流電力に変換するパワーコンディショナにより、最大で1500Wまで太陽光発電の電気を取り出すことができます。非常電源用コンセントに、使用したい電気製品を差し込めば、発電している分の電気を使うことができます。

メリット4  太陽光発電のパネルで、屋根裏温度が快適に

太陽光パネル(モジュール)を設置することで、パネルが太陽光からの断熱効果を発揮し、屋根裏の温度が調整され、夏は涼しく冬は暖かく過ごすことができます。

太陽光発電の施工事例はこちら

まずは無料相談・お見積
ページトップに戻る